2019東京マラソン誰が手にする賞金

国外招待選手 国外の招待選手はケニアのトップランナーが5人エチオピアから5人バーレーンから1人合計11人の選手がエントリーします、エチオピアのエントリーNo.1 の ケネニサ・ベケレが2時間3分03秒をベルリンの大会で出しています、ケネニサ・ベケレが大本命と言われています、彼は500mと10000mの世界記録所持者です、スピードランナーで有る事は違い有りません。だが日本人ランナーも黙ってはいません。有望選手が8人エントリーします、外国選手に負けないノリノリ選手の大迫傑(1億獲得)が見逃せません、佐藤悠基も絶好調と言われています、彼も虎視眈々と1億プラスの賞金を狙っているようです、箱根駅伝の青山大学の山の神と言われた神野太一もエントリーします、彼は家族の反対を押し切りプロランナーになったと言われています、東京オリンピック選考会であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に賭ける意気込みは凄いものがあります、35kまでスタミナが有れば箱根駅伝の山の神、神野太一にも賞金を手にするチャンスはあります、プロランナーは賞金が無いとプロランナーとは言えませ。 東京マラソンが3月3日(日)スタート 東京マラソンは賞金レース大会と世界でも語れています、招待選手は間違い無く頑張り走ります、日本人招待選手の日本記録を出せば1億円が陸連から加算されるレースです、果たして誰が手にするのでしょうか賞金を。 ペースメーカーが支配する 東京マラソンにはペースメーカーが35k位走ります、しかも3人のペー…

続きを読む