花田光司の激動の1年r離婚、相撲協会退職が凄い

日馬富士暴行事件で相撲協会と対立が始まる

貴乃花元親方.jpg

花田光司の激動の1年は鳥取巡業先の日馬富士暴行事件から始まった、相撲協会に対し報告義務違反となり完全に相撲協会と対立し花田光司は鳥取県警に捜査を依頼したのです、鳥取の夜の街で起きた事件で有ると相撲協会に委ねる事なく日馬富士の暴行をないがしろにする相撲協会に対抗したのです、その後貴乃花部屋の力士(の暴力事件が発覚し内閣府に提出していた告発状を取り下げるに至ったのです、その後相撲協会は告発状は根拠なきものと貴乃花親方に迫ったのです、根拠なきものを告発状を出せば将来的に置いて簡単に貴乃花親方は相撲協会から首は誰でも解る、更に相撲協会は一門に所属にしていない相撲部屋は取り潰しと迫ったのです。

告発状は根拠なきものはできない

元親方貴乃花親方は告発状は根拠なきものにはできません、相撲協会は根拠なきものにすれば将来的に安全である、この事案で元親方貴乃花親方を責めたのです、更に貴乃花元親方の包囲網は一門に所属と迫ったのです。貴乃花元親方の性格から一門に所属は有り得ないと見ていた要です、貴乃花元親方は貴乃花部屋を解散し、自らは相撲協会から退職をしたのです。

景子夫人と離婚も今年

花田光司に成った元親方貴乃花親方は景子夫人とも離婚この離婚も勿論この1年です、卒婚と言われるが23年連れ添った元妻に苦労をかけた、これからは自身の人生を謳歌して欲しいと離婚しましたが、この離婚には花田光司と景子夫人の考え方の相違が現れた要です、景子夫人は相撲部屋の女将さんだったのか、貴乃花部屋には住まないで力士の面倒を見たとは言えない、貴乃花元親方の名を語り公演活動開始は長年に続いた、その要な相撲部屋は有りませ、又長男雄一の事でも花田光司との意見の違いは大きく、離婚の現因とも言われています。

陣幕親方のお嬢さんとの結婚

花田雄一は陣幕親方のお嬢さんと結婚しました、その結婚は1年半と短い期間でした、父親の花田光司は息子雄一を養護する妻景子夫人に不信感を抱いたようです、正に激動の2018年です、結婚した陣幕親方のお嬢さん「この要なお嬢さんがそばに居たら雄一も成長できる」と花田光司は喜んでで居たのです、だが離婚をしました、「この要な不義理をし親がのうのうと夫婦関係は続けられない」と離婚に至ったのです、全てではないが雄一の不義理と妻景子夫人との考え方の相違が見える一部です、又靴職人の雄一の芸能活動は景子夫人とは異なり花田光司は喜んではいなかったのです、「一人前の靴職人になれ、3年そこらで靴職人を名乗るな、靴職人に申し訳ない」父親の花田光司は言っていました「、チャラチャラとテレビ出演をするな」いつかしっぺ返しがくる父親花田光司は言っていました、景子夫人は芸人活動を指示しているのです。

おわりに

花田光司は「父親先代 貴乃花に逢いたい」そう言っているそうです、先代親方の何を語りたいのでしょうか。花田光司は正に激動の1年を過ごしました、日馬富士の暴行事件から、自分自身の離婚更に大相撲からの退職、貴乃花部屋の解散、貴ノ岩の暴行事件、凄い激動の1年でした、この要な光景は見た事が有りません、相撲協会の一兵卒も経験されました、不器用な生き方と言うがこの花田光司は素晴らしいと思うのです、誰もができない事を進む、悔いはないと言うすごいです。

この記事へのコメント